鋼管杭とは

鋼管杭Q&A

杭の段落としで板厚を薄くする場合、どこまで薄くすることが可能でしょうか?
 鋼管杭(鋼管矢板)を段落としする場合は、極端な断面変化による応力集中の影響を考慮して、板厚変化の最大値は7mmとする。

 このときの最小板厚を以下にまとめる。

①鋼管杭

  • 打撃工法の場合(表-1参照)
呼び径(mm) 板厚の範囲(mm)
400 9~12
500 9~14
600~800 9~16
900~1,100 12~19
900~1,100 12~19
1,200~1,400 14~22
1,500~1,600 16~25
1,800~2,000 19~25
表-1 打撃工法に用いる鋼管杭の径と板厚の範囲
  • 中掘り工法の場合
    取り扱い性や運搬性等を考慮しt/Dが1%以上かつ9mm以上とする。

②鋼管ソイル
取り扱い性や運搬性等を考慮しt/Dが1%以上かつ9mm以上とする。

③鋼管矢板

  • 打撃工法でΦ1000mm以下の場合
    鋼管矢板の座屈防止のため、t/Dが1.4%以上とする。
  • 中掘り工法の場合
    取り扱い性や運搬性等を考慮しt/Dが1.1%以上かつ9mm以上とする。