鋼管杭とは

鋼管杭Q&A

打込み工法による騒音の影響範囲を考える場合、影響対象外となる安全範囲はどのように考えたらよいか?

油圧ハンマの騒音は、表-1に示すように、施工位置から30m離れた地点で騒音規制値である85dBを超えるレベルとなり、施工機械(ラム重量8t級)によっては、施工位置から7m離れた地点で100dBを超える騒音レベルを示すデータもある。

表-1 騒音比較(30m地点での比較)

抗打ち工法
(30m地点での比較)
騒音レベル
(ホン)
場所
ディーゼルハンマ
油圧ハンマ
モンケン
バイブロハンマ
アースオーガ
中堀り杭工法
プレボーリング工法
130  
120  
110  
100 ガード下
90
地下鉄車内
バス車内
平均的な街頭
80
70
静かな街頭
静かな事務所内
静かな住宅地の昼
静かな住宅地の夜
60
50
40
30

バイブロハンマ施工時の騒音測定結果を図-1に示す。バイブロハンマの騒音は、打撃式ハンマよりはるかに低く、騒音規制値である85dB以下になる減衰距離は10~15m程度である。

    図-2 騒音測定結果(バイブロハンマ)

騒音の予測方法としては、「鋼管杭の騒音振動低減工法 (鋼管杭協会編 山海堂)」や「道路環境影響評価の技術手法 第2巻((財)道路環境研究所)」に音の伝搬理論に基づく計算方法による予測方法がある。参考までに、音の伝搬理論に基づく計算方法による油圧ハンマの騒音レベルの予測値の試算結果を以下に示す。この結果から、騒音規制法の規制値を下回る為には50m以上の離隔が必要であることが分かる。

  • 試算条件:
     油圧ハンマの発生源における騒音レベル=119(dB)
     地表面                     =芝地、草地
     遮音壁による効果               =遮音壁なし
  • 試算結果:
距離
(m)
騒音
(dB)
25 93.5
50 87.5
100 81.5

ただし、騒音の感じ方は人それぞれであり、風向きによっても騒音の発生レベルが異なることから、たとえ基準値を満足した値でもクレームが発生することもある。