鋼管杭とは

鋼管杭Q&A

最小の施工ヤードはどの程度必要か?

施工ヤードに必要な広さは以下の事項により決定する。

(1) 杭打ち機の組立解体が可能な広さがあること。例えばリーダー長が24mの場合で10×32m程度、リーダー長が27mの場合で10×35m程度が確保されている。
(2) 杭打ち機、補助クレーン、バックホウ等の使用機械の配置が可能で、杭材やプラント設備等の付属機材の置き場が確保されていること。
(3) 作業に支障のない広さがあること。すなわち、杭打ち機の旋回幅、クレーンの吊り半径が確保されている。

以下に中掘り杭工法(セメントミルク噴出攪拌方式)の狭小地の場合の施工配置例を示す。