鋼管矢板とは

鋼管矢板基礎Q&A

設  計
隔壁鋼管矢板の採用基準は?
 隔壁鋼管矢板は、鋼管矢板基礎の井筒平面形状(井筒の外径)が15~20m以上となる場合に、井筒の平面形状の保持を目的として採用します。(鋼管矢板基礎設計施工便覧(社)日本道路協会 平成9年12月 1.5.5(1))
 ただし、井筒平面形状が15~20m以下で、設計・施工条件により井筒の平面形状が制約される場合や、井筒平面形状の大きさにかかわらず、隔壁を採用したほうが経済的になる場合には、隔壁鋼管矢板を採用します。
 なお、外壁鋼管矢板と隔壁鋼管矢板の外径は、施工機械の段取替えを考慮し、同径とすることが望ましいです。