鋼管矢板とは

鋼管矢板基礎Q&A

設  計
水位下にある橋脚・頂版部分の浮力は考慮するか、否か?
 水位下に橋脚または頂版がある場合、最も厳しいケースを想定して浮力を考慮するか否か決定します。押込み力が発生するケースでは、橋脚・頂版部分の浮力を考慮しない方が厳しいケースとなり、引抜き力が発生するケースでは、橋脚・頂版部分の浮力を考慮した方が厳しいケースとなります。
 ただし、橋脚や頂版が水位下にあるにも関わらず、浮力を考慮しないことは、非常に過大設計となるため、通常は、H.W.LとL.W.Lの両方のケースを行うのが一般的です。