最新情報

標準吊金具の仕様見直し内容

標準吊金具の仕様見直し一覧(1)~補強リブ無しのタイプ~
  • 使用鋼材を、400N/mm2級から 490N/mm2級に変更。
  • 10~20t以下用の補強リブ無しのタイプは廃止し、リブ有りのタイプに統一。
タイプ
変更点
現状
見直し
3t以下
補強
リブ
無し
・材料
(鋼材)
引張強度
400⇒490
引張強度
490N/mm2
形状・寸法は
同左
3~5t以下
補強
リブ
無し
・材料(鋼材)
引張強度
400⇒490
引張強度
490N/mm2
形状・寸法は
同左
5~10t以下
補強
リブ
無し
・材料(鋼材)
引張強度
400⇒490
引張強度
490N/mm2
形状・寸法は
同左
10~20t以下
補強
リブ
無し
・補強リブ有りに統一
10~20t以下補強リブ有り(次ページ)に統一
標準吊金具の仕様見直し一覧(2)~補強リブ有りのタイプ~
  • 使用鋼材を、400N/mm2級から 490N/mm2級に変更。補強リブの位置を10mm変更。
  • 30~40t以下用の補強リブの幅を125mmから150mmに変更。
タイプ
変更点
現状
見直し
10~20
t以下
補強
リブ
有り
・材料
(鋼材)
引張強度
400⇒490
・補強
リブ位置
20~30
t以下
補強
リブ
有り
・材料
(鋼材)
引張強度
400⇒490
・補強
リブ位置
30~40
t以下
補強
リブ
有り
・材料
(鋼材)
引張強度
400⇒490
・補強
リブ位置
・補強
リブ幅125⇒150