Steel Sheet Pile

鋼矢板とは

01

鋼矢板の特徴

  • 01

    種類や形状が豊富

    設計条件や工事方法に応じて、最適な鋼矢板を使い分けることができ、経済的である。

  • 02

    優れた止水性と施工性

    適切な形状の継手により、嵌合時の止水性に優れている。また、継手の競りも少なく、施工性も良好である。

  • 03

    工期の短縮が可能

    大がかりな施工設備を必要とせず、急速施工も可能である。

  • 04

    容易な運搬と保管

    積み重ねができるため、保管・運搬がきわめて容易であり、また、保管スペースも小さい。

02

主な用途

鋼矢板は主に以下のような用途に用いられています。

永久構造物
仮設構造物
  • 岸壁・物揚場

    岸壁・物揚場

  • 護岸

    護岸

  • 擁壁

    擁壁

  • 仮設土留め

    仮設土留め

03

鋼矢板の種類

    ハット形鋼矢板

    ハット形鋼矢板は、施工性、構造信頼性、経済性を追及した鋼矢板です。有効幅が900mmと大断面であるため、同一施工延長での使用枚数が少なくて済む特徴があります。両アームに設けられた継手形状は異なっており、壁体を構成した場合の継手位置は、壁体中立軸に対して一方の壁面側最外縁部に偏って配置されます。

    ハット形鋼矢板

    形状および断面性能

    形状
    断面性能

    備考

    1. 壁幅1m当りの質量は(1枚当りの質量×1,000/W(有効幅))の数値をJIS Z 8401により丸めた数値です。
    2. 1枚当りの表面積は両面についての数値です。
    3. 壁幅1m当りの表面積は打込み後の片面についての数値です。

    U形鋼矢板

    U形鋼矢板は、種類が多く、断面形状が対称で取扱いも容易なため、最も普及している鋼矢板です。継手を嵌合して壁体を構成した場合の壁厚は、鋼矢板単体の有効高さの2倍となります。また、そのときの継手位置は壁体の中央に位置します。

    U形鋼矢板

    U形鋼矢板には400~600mm幅の鋼矢板がありますが、現在本設向けには600mm幅の鋼矢板が多く用いられています。

    600mm幅と400mm幅の鋼矢板

    600mm幅と400mm幅の鋼矢板

    形状および断面性能

    形状
    形状
    断面性能

    備考

    1.壁幅1m当りの質量は(1枚当りの質量×1,000/W(有効幅))の数値をJIS Z 8401により丸めた数値です。
    2. 1枚当りの表面積は両面についての数値です。
    3. 壁幅1m当りの表面積は打込み後の片面についての数値です。

    直線形鋼矢板

    直線形鋼矢板は、継手の引張強度が高い特長を有していることから、主に鋼矢板セルの鋼殻材として使用されます。

    直線形鋼矢板

    形状および断面性能

    形状
    形状
    断面性能

    備考

    1. 壁幅1m当りの質量は(1枚当りの質量×1,000/W(有効幅))の数値をJIS Z 8401により丸めた数値です。
    2. 1枚当りの表面積は両面についての数値です。
    3. 壁幅1m当りの表面積は打込み後の片面についての数値です。

04

規格

日本国内の鋼矢板は、JIS A 5523(溶接用熱間圧延鋼矢板)、
または JIS A 5528(熱間圧延鋼矢板)の規格に基づいて製造されています。

JIS A 5523(溶接用熱間圧延鋼矢板)

昭和58年の日本海中部地震や平成5年の釧路沖地震での鋼矢板の折損事例をきっかけに2000年に制定された新しい規格です。
下記のような規定が盛り込まれています。

  • (1)溶接性の改善

    炭素当量の規定

  • (2)ぜい(脆)性破壊の抑制

    シャルピー衝撃値の規定

  • (3)ひずみ時効劣化の抑制

    窒素含有量の規定

JIS A 5528(熱間圧延鋼矢板)

昭和42年に制定された従来の熱間圧延鋼矢板のJIS規格で、2006年に一部改訂されています。

鋼矢板の化学成分および機械的性質

下表に化学成分および機械的性質を示します。

<化学成分>[註] 炭素当量Ceq(%)=C+Mn/6+Si/24+Ni/
40+Cr/5+Mo/4+V/14

規格 種類の記号 化学成分(%) 炭素当量
Ceq.(%)
C Si Mn P S フリー窒素
JIS A5523 SYW295 0.18以下 0.55以下 1.50以下 0.040以下 0.040以下 0.0060以下 0.44以下
SYW390 0.18以下 0.55以下 1.50以下 0.040以下 0.040以下 0.0060以下 0.45以下
JIS A5528 SY295 0.040以下 0.040以下
SY390 0.040以下 0.040以下

<機械的性質>

シャルピー・吸収エネルギー(J)
規格 種類の
記号
降伏点又は
耐力
(N/mm2)
引張強さ
(N/mm2)
試験片 伸び
(%)
試験温度
(℃)
標準試験片
10×10mm
サブサイズ試験片 試験片及び
試験片
採取方向
10×7.5mm 10×5mm
JIS A
5523
SYW295 295以上 450以上 1A号 18以上 0 43以上 32以上 22以上 Vノッチ
圧延方向
14B号 24以上
SYW390 390以上 490以上 1A号 16以上
14B号 20以上
JIS A
5528
SY295 295以上 450以上 1A号 18以上
14B号 24以上
SY390 390以上 490以上 1A号 16以上
14B号 20以上

05

施工方法

  • 振動工法

    振動工法

  • 圧入工法

    圧入工法

06

鋼矢板Q&A

鋼管杭・鋼矢板技術協会では、鋼矢板工法の正しい発展を願い、鋼矢板工法の設計・施工全般にわたって纏めた『鋼矢板 設計から施工まで』やユーザーからの問い合わせの多い事項に応える技術資料として『鋼矢板Q&A』等を取り纏めて、提供してまいりました。この度、平成26年10月に発行した「鋼矢板 設計から施工まで」の内容や、近年新たに増えてきたお問合せの内容を織り込み、改訂をいたしました。

第10版(平成29年3月版)アップロード

PDF